山梨県の社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー(CFP©)

055-232-3376

AM9:00 ~ PM6:00 (土日祝休業)

お問い合わせ

コラムCOLUMN

人事考課(評価)制度

人事考課制度の根底にあるもの

令和1年8月1日、当事務所では、人事考課制度の設計及び運用コンサルティング業務、並びに給与計算業務のアウトソーシング受託に専門特化した【株式会社アジアン・ビューティー】を設立いたしました。山梨県内の各企業さまに社会保険労務士業務のほか、より専門性に特化した業務をご提供させていただいております。

そのような中、人事考課制度の設計及び運用コンサルティングをご支援する過程で、各企業さまのご担当者に【欠落しがちな重要ポイント】をまとめてみましたので、ご一読いただけますと幸いです。

【死を間近にして、初めて生が輝く。】というパラドックスがあります。面白いことに、癌やその他の死に至る病を経験すると、人間はいま生きている事(生)の尊さを認識し、それ以降の人生を光り輝くものにしようと考え、行動するようになります。

この事から、人生とは即ち、どのような終わり方にしたいのか=死に方=である、と言うことができるのではないでしょうか。つまり【死に方】を認識することで、人間には目標(何歳までに何を達成していなければならないのか)が設定され、それに向かって計画を立てて、そして行動するようになる、と言えます。

そしてその時、死に方や目標を成就するための重要でかつ大きな手段の一つが、職業ではないかと考えます。何故と言って、各種学校を卒業して後40年から45年の長期に亘り、人生の大半(の時間)をその職業に費やすからです。そうであれば、必然的にこの職業を通じて、いま働いている組織における自分の役割はどうあるべきか、また、上司・同僚・後輩たちと協同して会社の経営を盛り上げ、さらに良い組織にしようという意識が生まれるはずです。さらに、この組織の中で【何歳までに何を達成していなければならないのか=自らの立ち位置】を明確に意識し、主体的に行動するようになるはずです。

この【死に方】を認識できるようになれば:

・言われた事だけをやっていればいい

・自宅と会社の往復を惰性で繰り返しているだけ

・自分の担当部署だけが良ければいい(自分だけ良ければいい、組織はどうでもいい)

という考えの人はいなくなるのではないでしょうか。

そのための方向付けや、従業員個々人の目標達成のための管理を担う役割が人事考課制度ではないだろうか、と考えます。そして、この目標を成就するためには、従業員個々人が会社に対して【提案する・工夫する・改善する】を持続すると同時に、ほうれんほう【報告/連絡/相談)】を継続していくことが正にその礎石に他ならない、と当事務所は認識しています。

貴社の人事考課制度構築に際して、【働くという事の根底にあるもの】としてご参考にしていただけますと幸いに存じます。
【令和2年6月5日 社会保険労務士吉野コンサルティングオフィス 識】

クリックして確認⇒ 人事考課規程のサンプル

山梨県内のお客様で詳しい説明をご希望の
場合には無料でお伺いいたします。

またお客様のご要望によりお応えできるよう、
顧問契約(月20,000円~/税別)をお勧めさせていただいております。
吉野コンサルティングオフィスでは、労務顧問サービスにファイナンシャルプランナー業務までを標準付帯、
山梨県内では他に例のない+αの労務顧問サービスをご提供しています。

些細と思われるご質問やご要望も
お気軽にどうぞお問い合わせ

社会保険労務士業務の他、ネットde給与計算、
ファイナンシャルプランナー業務へのお問い合わせもお気軽にお寄せください。